中古車を購入するときにかかる税金

中古車を購入するときには、税金を支払わなければなりません。

この税金は、どの中古車販売店で購入しても、金額が同じになります。

ですから、中古車を購入するときの税金の金額を把握しておけば、
購入資金準備を効率よく進めることができるでしょう。

中古車を購入するときは、自動車税が必要になります。

自動車税は、その中古車の排気量によって金額が異なり、
排気量が大きい中古車であればあるほど、税金金額は高くなります。

自動車税の納期は毎年4月で、年度途中に中古車を購入した場合は、
登録した次の月から年度末までの金額を支払うことになります。

そして、中古車を購入するときは、自動車取得税も支払わなければなりません。

自動車取得税は新車の場合、車両本体価格とオプション金額の合計金額の
90パーセントに対して税金が掛けられます。

中古車の場合は、新車時の価格の90パーセントに、年式が加味されて
税金の金額が決定されます。

ただ、中古車の金額が50万円以下の場合は、自動車取得税は免除になるようです。

ですから、とにかく安い中古車で間に合わせ、その後に新車を乗り回したいと
考える方は、なるべく排気量が小さく、50万円以下の中古車を選ぶと良いと
考えることができるでしょう。

しかし、安い中古車というのは、安いなりの理由があるものですから、
購入するときは慎重になるべきだと思います。

中古車探しにおすすめのサイト

中古車探しにおすすめなのは、中古車販売実績ナンバーワンの「ガリバー」。
毎日約500台が入荷している最大級の検索サイトです。
テレビCMや車情報誌でもおなじみですね。
全ての車が「修理歴なし」なので安心!

▼▼▼▼ お気に入りの一台が見つかるはず! ▼▼▼▼
ガリバー ガリバー

このページの先頭へ