汚れや傷を確認

レンタカーを借りる際には、そのまま乗り込むのではなく、必ず汚れや傷が
無いかチェックしましょう。

後になってから自分たちが汚してしまったり、傷をつけたと言われてしまい、
違約金を支払わされたという事もあります。

その為に借りる時点で傷や汚れがあった場合には、担当者に確認をしておき、
出来ればデジカメやスマホで写真を撮っておくと安心です。

後になってからいくらあなたが、「借りた時点で汚れはあった」と言っても、
証明するものが無ければ、説得力はありません。

撮影した写真があれば、もしもの時の証拠にもなります。

同じ写真を撮るのでも、レンタカー会社を出てしまってから撮るのではなく、
しっかりとレンタカー会社の敷地内で撮るようにしましょう。

こうしておけば、殆どわからないような傷や汚れで違約金を撮られてしまう事は
ありません。

インターネットで検索をしてみると、元々あった汚れや傷を自分たちが付けた
と言われて、違約金を支払わされたというトラブルが結構あります。

悪質なレンタカー会社の場合は、汚れや傷があるという事をあえて客には
伝えずに、返却に来た時に傷や汚れがあるという事で違約金を支払われた
というケースもあります。

細かい部分までチェックする必要はありませんが、チェックできる部分は
しっかりと確認をしてみましょう。

このページの先頭へ